« 第42回えひめみかん祭りを開催します。 | トップページ | 25年のベテラン。 »

2020年1月15日 (水)

なりたてほかほか。

いよかんの生産者 井上さんは、

令和元年10月に正式に農家になった、

ほかほかの若手生産者です。

P1040173

農業を仕事にするにあたり、

JAえひめ中央の新規就農者向けの研修を受けたそうです。

親類は祖父母の家は農家でしたが

実家が農家ではないので、土地もなく、

親類の人からは、

「土地はね、縁だから」と言われていたそうです。

が。

研修所に入って3日目、

現在、宮内伊予柑を栽培している土地を、

前持ち主が身体を壊して手放すことになり、

手に入れたそうです。

なんという強運!!

ちなみに。

いよかんは予措(よそ)といって、

収穫後に貯蔵をして、色づきや味を調えるのですが、

そのための倉庫を貸しているのが、

うちの果実課の課長だそうです。

世間って、思っているより狭いですね~。

|

« 第42回えひめみかん祭りを開催します。 | トップページ | 25年のベテラン。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第42回えひめみかん祭りを開催します。 | トップページ | 25年のベテラン。 »