« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019年5月31日 (金)

ふれ愛・媛ポークがJAタウンに登場!!

えひめのおいしい豚肉『ふれ愛・媛ポーク』が

JAタウンに登場しました♪

Dsc_0467

「ふれ愛・媛ポーク」は、

愛媛県産みかん成分を配合した飼料を使用。

肉質のすぐれた親豚(種豚)を厳選し、

子豚の頃から徹底した飼育管理を行い、

大切に育てているので、

肉質は柔らかくクセのない上品な味わいの豚肉です。

7_b

※写真は豚ロースカツ用(ぶ厚いカツ) 4枚(計 約1,000g)

JAタウンはコチラから

ぜひ、お買い求めください。

| | コメント (0)

2019年5月30日 (木)

すいかが我が家にやってきた。

夏といえば、すいか!

先週末、野菜と一緒にすいかを買ってきました。

Dsc_0311

すいかは櫛形に切るのは一般的ですが、

私は食べやすいように、一口大くらいの大きさに切っています。

出始めてからは、ほぼ毎日のように食べるので、

夏本番の時には、すでに食べ飽きてしまってます(^▽^;)

主人とわんこも食べたので、

「初物を食べたら、東を向いて笑うのよ!」と。

すいかを食べるタイミングは、朝がいいそうです。

寝ている間に消費した水分補給になるし、

糖分補給にもなりますね。

愛媛県産のすいかをたくさん食べてくださいね~♪

| | コメント (0)

2019年5月29日 (水)

夏野菜が登場してきてます!

夏野菜がどんどん登場してきていますね!

週末に、野菜をたくさん買って、常備菜をつくりました。

最近の定番は、夏のやみつききゅうり

Dsc_1222

鶏肉が入るので、タンパク質が取れるし、

お酢が入っているので、さっぱりと、

梅肉が入っているので、塩分補給。

トマトのマリネ

たまねぎ、ラディッシュを酢漬けにしたり。

お酢をフル活用しています。

大根も安かったので、

上部は浅漬けに、下部は煮物にしました。

問題は。

3~4日で食べられる量を作ったんですが、

主人が昨日お腹にくる風邪をひいたみたいで、

晩御飯をまったく食べなくて。

傷む前に食べきれるかどうか不安です。

| | コメント (0)

2019年5月28日 (火)

久しぶりの。

ここ数日、急激に気温が上がっていたので、

今日の雨は、ちょっとホッとできています。

我が家では、

昨日の夜から胡蝶蘭の鉢を外に出して、

雨に当てています。

やっぱり、霧吹きとかで水をやるより、

雨に当てた方が、元気になります。

ピーマンの取材に行った際、

生産者の泉田さんに、

灌水(水やり)をするより、

雨で水分を与える方が、植物には絶対にいい!と言われたので、

それ以来、

雨が降りそう!気温も大丈夫そう!って時は、

胡蝶蘭を外に出しています。

でもね~、なかなか花芽を付けてくれません。

どうしたらいいの~?

| | コメント (0)

2019年5月27日 (月)

暑い~(-。-;)

先週の金曜日から、暑かったですね。

身体が気温に追いついていないので、

バテ気味です⤵

まだ空気が乾燥気味なので、

風さえあれば、なんとか・・・ですが、

梅雨がやってくると、

あの、まとわりつくような湿度が。

あああ、恐ろしい☔

| | コメント (0)

2019年5月24日 (金)

第45回乾椎茸品評会。

令和元年5月23日(木)

JA愛媛たいきにて

第45回乾椎茸品評会

令和元年度愛媛県椎茸同志会

 第47回通常総会が開催されました。

P1020851

展示室に入ると、

乾しいたけのかぐわしい香りが漂っていました♪

最優秀賞(全農会長賞)

JA愛媛たいき 

成髙 王洋(なるたか たまひろ)さん

対象部門:大葉中肉

P1020893 

P1020915

優秀賞(全農愛媛県本部長賞)

JAひがしうわ 髙橋 征敏さん

対象部門:大葉中肉

P1020913

優秀賞((一財)日本きのこセンター理事長賞)

JA愛媛たいき 河内  逡一さん

対象部門:中葉厚肉

P1020916

河内さんは、タウン情報まつやま 6月号

えひめの食「旬」辞典に出てくださった方です。

P1020694

また、髙橋さんも、一昨年のえひめの食番組で

出てくださいました。

Dsc04222

受賞された皆さん、おめでとうございます。

ちなみに。

6月 14 日 に埼玉県で開催される、

全国規模の大会

「第 52 回全農乾椎茸品評会」に

品評会入賞品を中心に出品されます。

※河内さんと髙橋さんの写真は、取材当時のものです。

| | コメント (0)

2019年5月23日 (木)

コーンポタージュ色。

本当に、

今まで見たことのない、立派な乾しいたけ

生産者の河内さんに見せていただいたのですが、

その時に、JA愛媛たいきの担当者の方に、

「品質のよい乾しいたけは、

 ヒダの部分がコーンポタージュ色をしている」と

教えていただきました。

04__41

確かに、コーンポタージュ色!

言い得て妙な表現ですね。

| | コメント (0)

2019年5月22日 (水)

タウン情報まつやま6月号発売中です。

1906

タウン情報まつやま 発売中です。

Jpg_title 

えひめの食コーナーの掲載が始まりました。

乾しいたけのプレゼントもありますので、

えひめのあぷりからダウンロードしてくださいね!

Qr

乾しいたけの戻し方がわからない~って思うでしょ!

河内さんの奥さんが、

ぬるま湯を使った簡単な戻し方を教えてくれました。

あとは、

「かさ」が開いた「香信」って呼ばれるものだと、

はさみで細くチョキチョキしてから戻すと簡単なんです♪

Img_0567

お試しくださいね。

| | コメント (0)

2019年5月21日 (火)

乾しいたけの裏。

今回、乾しいたけを紹介するに当たり、

原稿の内容をチェックして、

タウン情報まつやまの編集者と連絡を取り合っていると、

ある所から、

えひめの食「旬」辞典の内容が

難しすぎるのではないかとの意見をいただきました。

その方によると、

「全農だから知っているのは当たり前かもしれないけど、

 女性でも生椎茸と乾しいたけの区別がつかない人がいる」

とか

「乾しいたけの写真がシュークリームみたい」と言っていると。

08__

乾しいたけのお料理の仕方ががわからないというのは、

理解できます!

が、世の中に、乾しいたけと生椎茸の区別がつかない人が

いるということに驚きました。

私の知人で20代の女性(農業にまったくかかわっていない)数人に、

聞いてみましたが、

区別できない方は一人もいなかったんですけどね。

編集者とも話し合いましたが、

記事は、読者のレベルを知った上で書かれてるし、

当会の広報とも話し合いましたが、

JA全農えひめの名前が入って紹介しており、、

愛媛県は、乾しいたけの有数の産地なので、

皆さんに知ってほしい内容です。

確かに。

写真のこんなにきれいな乾しいたけは、

量販店には並ばないから、

見たことない人が多いのは多いのは理解できますけどね。

普通、かさの部分が黒いですもん。

でも、本当に高級な乾しいたけが、どういうものか、

知ってほしいですね。

ただ、びっくりするような値段ですけどね。

| | コメント (0)

2019年5月20日 (月)

タウン情報まつやま 6月号 本日発売です!

えひめの食「旬」辞典第1回

本日発売の6月号に掲載されました♪

P1020694

今回紹介したのは、『乾しいたけ

08__

愛媛県は、柑橘だけではないんですよ!

中山間地域の多い愛媛県では、

基幹作物の1つとして、しいたけ栽培が盛んで、

全国有数の産地なんです。

今回紹介した河内さんも、

全農乾椎茸品評会で、農林水産大臣賞など

さまざまな賞を受賞されています。

まだ見てない!って人は、

タウン情報まつやま6月号をご覧ください。

また、えひめのあぷりにも記事が掲載され、

プレゼント応募もできます。

応募の際に、

生産者にあなたの声を届けることができますので、

ぜひ、こちらからダウンロードしてくださいね。

Qr

| | コメント (0)

2019年5月17日 (金)

第1回 えひめの食「旬」辞典

えひめの食の掲載が始まります

記念すべき第1回は

5月20日(月)発行

タウン情報まつやま 6月号

Jpg_title

こちらのコーナーが掲載されます。

出演していただいたのは

JA愛媛たいき 河内 逡一さん

P1020694

紹介する品目は乾しいたけです。

河内さんに乾しいたけについて話していただきました。

もちろんプレゼントもあります。

今回は

乾しいたけ約200gを10名様

Img_0567

※写真はイメージ

うま味、風味が豊かな愛媛県産乾しいたけ!

「グアニル酸」という

うま味成分を含んでいるので、

戻し汁もダシとして使ってくださいね!

プレゼントは、

えひめのあぷりからの応募になりますので、

こちらのQRコードからダウンロードをお願いします。

Qr

プレゼントに応募の際、生産者へ声を届けて、

えひめの「旬」を当てましょう

ぜひ、ご覧ください

| | コメント (0)

2019年5月16日 (木)

15万個。

原木しいたけを栽培するには、

クヌギなどの原木にしいたけの菌を植えるのですが、

種菌はこんな感じ。

P1020503

これを、ドリルで空けた穴に1個1個入れていきます。

河内さんのところでは、1日12,000個植菌、

ほだ木5,000本に150,000個植菌するそうです。

さすがに、ご夫婦だけではできないので、

作業してくれる人を雇用しているそうですが、

なんとも大変な作業ですよね。

もう、みんなに愛媛県産の乾したけを愛して欲しいです!

おいしく食べてくださいね~♪

ちなみに。

菌の名前は、115号と240号だそうです。

ちなみにちなみに。

115号は、寒さが刺激となって発生を始めるしいたけで、

240号は、暖かくても発生をするそうです。

面白いですね!

| | コメント (0)

2019年5月15日 (水)

壮観!

圧倒される光景です。

Img_0547 

_4

全て、ほだ木(クヌギなどにしいたけの種菌を植えた原木)です。

河内さんは、約25,000本のほだ木で、

乾しいたけ用の原木しいたけを栽培しています。

1度植菌すると、5年間はしいたけが発生するので、

1年で5,000本更新しています。

ほだ木を運んだり、このような形に組んだり、

上下をひっくり返したりと、

なかなかの重労働なんです。

乾しいたけって、おっ!って値段が付いていますが、

こういった現場を見るとうなづけます。

皆さん、愛媛県産の乾しいたけ、

買ってくださいね~♪

| | コメント (0)

2019年5月14日 (火)

天白どんこ。

この写真の乾しいたけは、

最高級品の「天白どんこです。

08__

JA担当者によると、

高級料亭のお料理に出てくるレベルの物だそうで。

生産者の河内さんは、

形が悪いものなどは出荷せず、

奥様がぬるま湯で戻して、

乾しいたけステーキやにぎりずしにするそうです。

旨味たっぷりでおいしそう♪

生産者ならではの、贅沢な一品ですね。

うらやましいです。

| | コメント (0)

2019年5月13日 (月)

2019年度 えひめの食企画が始まります。

えひめの食企画が始まります。

今年度はタウン情報まつやまへの掲載となり、

第1回は、5月20日発行(6月号)になります。

タイトルは、

Jpg_title

今回紹介するのは、乾しいたけです。

08__

乾しいたけ、旨味が凝縮していて、

おいしいですよね。

お楽しみに~♪

| | コメント (0)

2019年5月10日 (金)

2018年の思い出~あまおとめ~

撮影が一通り終わると、

生産者の信宮さんが、

「せっかくきたんだから、好きなだけ食べて帰って」と。

いやっ、そういう訳には、

貴重なお時間いただいてますし・・・とお断りしたのですが、

いいから、いいからと。

ご厚意に甘えて、

いくつかいただきました。

香りがいいのはもちろんですが、とても甘くておいしかったです。

P1020014

やっぱり、あまおとめ、大好きです。

| | コメント (0)

2019年5月 9日 (木)

2018年の思い出~紅まどんな~

取材中、

JAの方からいろいろ説明を受けていて、

ん?

私、この話し方には覚えがある!と。

「ひょっとして、いよかんの取材でお会いしてませんか?」

と伺うと、

「あ~!やっぱりそうですよね!」との答えが。

3年ぶりの再会となりました。

松山市平田にある宮内伊予柑の母樹の前で、

宮内伊予柑の回のテレビ出演をしていただいたんです。

今回は、下灘で取材だったので、

名前を伺っただけでは、ピンとこなかったんです。

うれしい再会となりました。

| | コメント (0)

2019年5月 8日 (水)

2018年の思い出~柿~

越智さんの園地の道路はさんで反対側が小学校。

撮影車が到着した時、小学校が休み時間だったので、

「テレビや、テレビ」とちょっとした騒ぎに。

チョーさんも手を振ったりして。

チョーさんが取材前に小学校にトイレを借りたお礼?に

取材後、再度小学校を訪れて。

写真撮影などに応じていました。

小学校のフェンスには、大きなヘチマが。

P1010695

なんか、久しぶりに見た気がします。

| | コメント (0)

2019年5月 7日 (火)

2018年の思い出~栗~

園地から、

7月豪雨の爪痕がくっきりと・・・

P1010379 

川沿いの木がなぎ倒され、

P1010380

土砂崩れの現場もはっきりと。

手前の小学校には、仮設住宅が並んでいました。

心が痛みます。

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »